iCATナビゲーションシステムによる当院のインプラント治療

当院では、インプランの治療の際に、CTデータをナビゲーションシステムに反映させ、シュミレーションをしたうえでインプラント手術を行うiCATナビゲーションシステムを採用しています。治療の流れは下記の様になっています。
① CT撮影・データの作成

CT撮影をしていただき、データを把握します。そのデータと研究用模型をiCATシステムへ郵送しシュミレーションデータを作成します。

② インプラント埋入シュミレーション

iCATから届いたデータをもとに歯科医師が最終診断をします。

③ 患者さんへの説明

患者さんにCTデータとインプラント手術のシュミレーションを説明し、口腔内の詳細な状態と手術の内容を理解して頂きます。

④ サージカルガイド、顎模型の制作

iCATダイアグノーシスソフトの診断結果をiCATへ送付、ガイド・ドリル・顎模型の制作します。

⑤ インプラント手術

ガイド・ドリル・顎模型等の患者さん固有の詳細な情報等で手術を行います。

インプラント治療に関して不明点がございましたら、スタッフにお声がけください。

再生医療

当院ではインプラント治療の際などに、再生医療を行っております。

この治療は厚生労働省から認可を取得しなければ医院が行う事はできません。

当院では、CGFなどの患者さんの血液を採取、フィブリンを移植する等の一部の再生医療において、厚生労働省に報告をしたうえで、治療を行っております。